今見えるものが現在ではない、そんな宇宙にはロマンがある。

宇宙にはロマンがあるとはどういうことでしょうか。
星がたくさん輝いていて、それぞれに名前がある。季節によって見える星がかわる。これぐらいは皆さん知っていると思いますが、今あなたの目に見えていることが今ではないのです。
星が見えるということは、あなたの目に星から放たれる光が届いているということです。光が1年に進む距離を1光年と言います。そして地球と星の距離は、光年を用いて表されます。130億光年離れている星もあります。そう考えて夜空を見上げてみて下さい。たくさんの星が見えますが、今の状態ではないのです。皆んな違う時間の状態が見えているのです。

50光年離れた星の爆発した光が今あなたに見えているのであれば、星が爆発したのか50年前。もしかしたら爆発したので、今は存在していないかもしれません。また太陽は約8分前の状態が私達の目に見えています。こう考えていると私は宇宙にロマンを感じます。
自分が見えていることが全てではない宇宙。広すぎて想像の域を超える宇宙。何億という星が地球から何億光年離れた場所にあるので、私は絶対に私達人類と同じように生きている生命体が存在するとも思っています。また、その生命体も私と同じように考えているでしょう。この宇宙に同じような生命体が存在していることを。