障害年金だけでは生計が成り立たないのが実情

どんなに健康な人でも病気や怪我が原因で、障害者になってしまうかもしれません。
なので、やはり年金はかけておいたほうが良いと思います。

老齢年金の受給年齢や金額が下がってきていることから、年金を無断で払わない人も増えてきているようです。
しかし、収入が少ない場合はきちんと手続きを踏むことで、年金を納めることが免除されたり、減額してもらうことができます。

年金は老後に貰うためではなく、やはり万が一の障害年金のためにも、年金をかけておいたほうが良いと思います。
私の周りでも障害年金をもらっている人がいますが、その額は決して多くはありません。

むしろ、それだけでは生計が成り立たない感じです。
その為、障害年金をもらいながら、出来る仕事などで収入を得ていく方法を見つけないといけないようです。

老齢年金だけでは十分な生活ができないのと同様に、障害年金も同じことが言えると思います。
障害者の数が増加しているのか分かりませんが、もし受給者が増えているだとしたら、やはりその分の財政の負担は大きくなると思います。

社会保障が税金の大きな負担になっていることが問題となっています。
障害年金は老齢年金に比べると、話題として取り上げられることが少ないですが、やはり目の前の問題を解決していく必要があると思います。