今の時代に見かけなくなった手荷物預かり所ですね。

手荷物預かり所は、昔は何処にでも有った様に思いますが、今はコインロッカーに仕事を奪われてしまいましたね、ありとあらゆる場所にコインロッカーが備え付けてあります、自分がどこのロッカーに入れたのか場所を忘れるという事を聞いた事があります。今の人には誰ともかかわらないで済むのが楽なのですね、何でも簡単に預けることが出来るのですいから、犯罪に利用されることもある様です、中にはごみをそのまま預ける人もいる様です、人と関わらなと、何が起きるかわかりませんね。昔の様にてから手に渡すことで、安心して預けていた物を、人件費の為なのですか、なくなったのは、今の無人のコインパーキングと同じですね。

空き地があれば有効利用と言いながら、いたるところにコインパキングが出来たのと同じですね。手荷物預かり所がなくなった今、一つの仕事が機会にとってかわられたのです、これからも個の様な仕事が無きなって、機械がするようなことがどんどん増えて、人間の出番がなくなってくるのです、それがこのように手荷物預かり所なのかもしれません。人間同士の繋がりが少なくなって、この先どの様な社会が訪れるのだろうと今手荷物預かり所の話で不安な気持ちになりました。