しみ抜きの前にチェックしておくこと

うっかりこぼしてしまったコーヒーやケチャップ、すぐに落とせば何とか落とせます。問題は時間が経過してからのしみです。
しみ抜きはただ強く擦れば良いというものではありません。強く擦っていまうと生地にダメージを与えるおそれもあるので気をつけましょう。しみを落とす際に最も大切なのは、汚れをほかに移すということです。
まずは汚れを落とすための布を用意しましょう。コットンやリネンなど、天然素材の素材であればハンカチでもあまり布でもOKです。

洗剤を使って、布に汚れを吸収させるように落としていきましょう。落ちたら軽くお湯ですすぎ乾かします。
汚れは大きく分けると水溶性と油性の2種類あります。油性は落としにくいですが、水溶性の汚れは比較的落としやすいと言われています。どちらに当てはまるかをまずチェックしましょう。
コーヒーや紅茶やケチャップ、ジュースは水溶性のものが多いようです。化粧品や油っこい食べ物、チョコレートは油性が多いと言われています。しみ抜きをするときは、それぞれに合った洗剤を使って落としましょう。どちらか不明の場合は、まず油性用の洗剤を使ってみて、落とせなかったら水溶性用の洗剤を使ってみると良いでしょう。