歯医者は痛いものばかりではない

テレビのアニメやドラマでは歯医者というのは痛いし怖いという印象があります。しかし実際は歯医者で虫歯をきれいにするのはあまり痛くありません。何故こんなに歯医者できれいにしているのに痛い場面ばかりアニメやドラマで流れているのだろうと感じるときがあります。確かに人によっては痛いし大変かもしれない、でも早めに対処している人ほどあまり痛くありません。

痛くない理由の1つとして考えられるのが注射の麻酔ではなく拭くタイプの麻酔にしているからです。歯に注射を打つのは痛いかもしれませんが、どこの歯医者でも拭くタイプの麻酔はあると思います。拭くタイプの麻酔にしておけば歯茎を傷つけることもないし麻酔の効力だけで済みます。麻酔でも痛くない麻酔もあります。もう1つの理由としては虫歯が奥まで進んでいないからです。虫歯がありそう、少し気になるときに歯医者に通った場合、人によってはあまり虫歯が進んでいないこともあります。がりがり削るのは表面の神経が通っていない範囲だけで、途中まで削った歯のところを埋めるだけなのであまり傷つきません。
おそらく歯医者によって違いがあるのか、機械に違いがあるのか、施行の仕方に違いがあるからだと考えています。虫歯が少ないうちに対処出来る点も痛くない理由だと考えています。