お引越しの時の発泡スチロール活用法!

通販でクール便が発泡スチロールの箱で届いたり、そのほか電化製品を買ったときの梱包材が発泡スチロールだったりして発泡スチロールがゴミになることがあります。
そういうときにカンタンに捨ててしまうのもよいですが、引っ越しの時などに梱包材として活用するのはどうでしょうか。

実際引っ越しをしてみるとわかるのですが、お皿や食器、ガラスの置物、花瓶などを段ボールに詰めていると割れるんじゃないかと不安になります。実際引っ越しで1枚や2枚お皿が割れてしまうのは普通のことです。引っ越し業者さんも注意してくれていますが、どうしても大量の荷物を運搬していると一定の衝撃は発生してしまうのです。
そうした被害を最小限にするために引っ越し業者さんがエアークッションのような梱包材をくれます。しかしその量にも限りがありますので手持ちの発泡スチロールを活用するのがベターです。
食器などをまず新聞紙にくるんで食器同士ガチャガチャ言わないように詰めていき、その隙間に発泡スチロールを適度な大きさにちぎってちりばめていきます。さらにグシャグシャにした新聞紙なども詰めていくと万全です。
また、発泡スチロールを手でたくさんちぎってチップのようにして緩衝効果を出すこともできます。これは置物などを梱包するのに便利です。