太陽光発電の普及が加速しています

かなり前から存在していた太陽光発電ですが、今一つ普及が進む事はありませんでした。
しかし今、普及が急速に進み始めて来ているのです。
その理由は主に二つ考えられます。

一つは先に発生した東日本大震災によって、原子力発電所が被災した事です。
原子力発電所の被災に因って放射線が漏えいして、周囲の地域が放射線によって汚染されてしまいました。
私たちはこれまで、原子力発電が安全な発電だと思っていましたが、この原子力発電所の放射線漏えいに因って、原子力発電は危険性が高い発電だという事を身を持って思い知らされたのです。
それでこのような危険な原子力発電に頼らない、新たな発電法が必要になりました。
そこで前々からクリーンな発電法として存在していた、太陽光発電に注目が集まったと言う訳です。
また私たちはこれまで、大量生産大量消費を当たり前としてきましたが、それではごみが大量に発生して、地球環境を汚染してしまい、私たちが住めない星になってしまう事に気が付きました。
それがきっかけとなり、エコな生活を心がける様になり、環境に優しい物に注目を集めるようになったのです。
この様に太陽光発電は、原子力発電所の放射線漏えいとエコが後押しとなって、今現在普及が進んでいるのです。