いまいち使いこなせなかった布おむつ

2歳10ヶ月の男児と8ヶ月の女児を持つ36歳の専業主婦です。
長男が産まれてから1歳くらいまで布おむつと紙おむつを併用していました。布おむつを使おうと思った理由は節約になりそうだからで、ゴミが少なくエコロジーな点にも共感しました。私が選んだのはナイロン製のカバーに輪おむつを入れて使うタイプで、カバーは10枚、輪おむつは20枚準備しました。

出産前に準備して新生児から使おうと思ったのですが、助産師さんに新生児のうちはウンチが多いから大変だと言われ2ヶ月まで待ちました。2ヶ月から使いましたがいくら調整しても小さな体にはおむつがフィットせず漏れてしまうことが多かったです。おむつを2枚重ねても3時間に1度は交換が必要で、外出中に使うことは不可能でした。もちろん夜にも交換が必要で、大変すぎてだんだんと夜は紙おむつのみを使うようになりました。5ヶ月になるまでには日中家にいるときには布おむつ、外出するときと夜は紙おむつというスタイルができあがりました。昔の紙おむつは品質が悪かったそうですが、息子は布より紙おむつを使っているときのほうが肌の調子がよかったです。
大きくなるにつれておしっこの量が増え、布おむつだと漏れることも増えていきました。ウンチが固まると洗濯はラクになったのですが毎日おむつを洗っても間に合わないことがあり、労力も水も使っているのに割りに合っているか疑問に思うようになりました。
結局息子が1歳になるころには布おむつは使わなくなりました。娘が産まれたときにも使うか迷ったのですが、息子にも手がかかるので諦めました。もとがとれたのか、本当に肌に優しかったのか、今でも分かりません。