通勤ルート中でも労災保険は使えます

労災保険というと、業務によるケガや病気が対象の様に思われがちですが、実は通勤ルート中でも労働災害になり、労災保険の対象になります。
例えば、毎日使うルートで通勤している最中に階段を踏み外して骨折したとしましょう。

この場合、自分の傷害保険などの対象に見えますが、通勤途上の突発的な事故なので通勤災害として労災保険の対象になります。
その為、労災保険により無料で病院での治療が受けられます。
しかし、通勤中、平たく言えば会社と自宅の間で突発的な事故にあったとして全て通勤災害になるわけではありません。
例えば先の例の様に普段のルートで会社から自宅に真っ直ぐ向かっていた場合は通勤災害になります。
しかし、会社から自宅に向かう最中にスーパーやコンビニなど日常生活を送る上で必要なお店に立ち寄った場合、元のルートから外れて元のルートに戻るまでの間は労災保険の対象外になります。
つまり、普段のルートからスーパーやコンビニに向かう為にルートを外れる前とルートに戻ってから自宅に着くまでの間は労災保険の対象となります。
また、会社帰りに友人と映画を見に行った後、ケガをした場合はどうでしょう?
これは労災保険の対象外です。
スーパーやコンビニなど日常生活に必要不可欠なお店に立ち寄るのは必要な事だというのは議論の余地はありませんが、友人と映画を見に行くのは完全に遊びに行ってるので映画を見た後に元のルートに戻っても労災保険の対象にはなりません。