進化を続けるビジネスフォン

ビジネスフォンは、一般的な家庭用電話とは違い、複数の外線と内線を共有しながら、通話をコントロールすることができる電話機です。

家庭用電話機の場合、ある人から電話がかかってきたら、その人との会話を保留しながら、他の人と同じ電話機で通話することはできません。

ビジネスフォンの場合、複数の回線が接続していますので、外部のAさんとの会話を保留しながら、内線でBさんと会話したりすることが可能になります。

金融機関のトレーダーやブローカーなどの多くが、ビジネスフォンを使用しています。

トレーダーやブローカーは、金融市場を見ながら、外部の顧客や取引先と同時に連絡をする必要があり、社内のオペレーション部門とも頻繁に話をする機会があるため、金融機関のトレーディング・ルームでは、ビジネスフォンが広く使用されています。

最近は、スマホ上にダウンロードするタイプのビジネスフォン・アプリが登場し、月額数百円という破格の価格で、ビジネスフォンを利用できるようになりました。

ビジネスフォン・アプリをダウンロードすると、スマホから職場への電話がすべて社内通話になるサービスも登場しており、通話録音機能や社内メッセージ機能を兼ね備えているタイプもあり、電話代削減効果が期待できます。