もっと気軽に樽酒

樽酒っていうと、お祝いなどハレの日の特別なものですよね。大きな行事や映画の公開記念、清酒会社の新酒イベント、あっても結婚式、披露宴などで見受けられるもので、一般人には 憧れのものというイメージです。大きな木の樽に、たんまり入ったお酒をみんなで酌み交わしみんなでお祝いの気持ちを共有する、この文化って日本独特のもので後世にも残すべき素敵なものですよね。

でも樽酒って量もかなりのものだし結構お値段もしそうで手の届かない感じです。しかし最近、樽酒ってミニもあるってご存知でしたか?量も手ごろで、お値段も2000円弱しないものからあり、かなりお値打ち価格、手の届くものになっています。またミニでなくとも樽酒ってそうお値段しないんですよね。意外です。なんだかすごく高いイメージの物でしたが一般人でも手の届く範囲の物なんです。これだったらもっといろんな時、会社のちょっとしたイベントや仲間内での飲み会の席でも使えそうです。飲み方、鏡開きの仕方もちゃんと説明がありますし、鏡開きに必要な道具もセットしたある商品もあります。また販売店によっては鏡開きセットの貸し出しもあるみたいなので上手に利用するのも手です。お歳暮なんかにもよさそうですね。自分で買うことはないものの人から貰うと嬉しい!贈り物にも樽酒って最適です。