人生のバイブルになっているマンガ

manga12人生で一番面白くて、人生の教科書とも思っているマンガはONE PIECEです。
連載当初から読み続けていますが、一度も気持ちが衰えることなくずっと面白いです。
読み始めた時は話の展開が面白いと思っていたのですが、年を重ねる毎に話の深さに感動し、巻数がとても多いですが何度も読み返してしまいます。
中でも一番好きなお話はウォーターセブン編からエニエスロビー編にかけてです。
ロビンの生い立ちやフランキーの過去は涙なしで読むことは出来ません。

ロビンの過去は複雑過ぎて本当に仲間になれると思えませんでしたが、複雑だったからこそ仲間になった時の感動はひとしおでした。
またエニエスロビー編の最後に今まで一緒に航海してきた船、ゴーイングメリー号とのお別れもあり、本当に最初から最後まで泣かされたお話でした。
ここでの話で一味がさらに政府から危険視され、世界中に麦わらの一味の名が知れ渡ることになる大事件になります。
作者はギネス記録を作り、ONE PIECEは名実共に世界一のマンガになりました。
日本で一番読まれているマンガをこうして身近で読んだり、ONE PIECEのイベントに参加することも出来て本当に幸せだなと感じています。
最終回を迎えるまでは、何が何でも読み続けたいと思います。